中村製畳(株)

襖

襖とは?

平安時代ごろ、小さな間仕切り・屏風(びょうぶ)などから進化した襖。
見た目では、木の板に紙を貼ってあるだけに見えますが、
湿気の多い日本に適した構造になっています。


襖(本襖)の基本構造

骨組み(主に木)+骨縛り(厚紙)+打付け(中厚紙)+反りとめ(筋入りハトロン紙)+蓑張り(薄紙)+蓑おさえ(中厚紙)+下張り(薄紙)+上張り(皆さんが見ている紙です) と約7枚もの紙を重ね合せて強度を保っています。 また、下張を、真ん中を浮かせるように貼ることで、湿度を調節できるような構造になっています。


襖の構造



襖に関するお問い合わせ

襖紙と形

襖のリフォームでは、襖紙を張り替え手軽な施工から
襖の形も変える施工まで、お客様の要望に合わせてご相談いただけます。


襖の形

襖の形

襖貼り替え価格表(工賃・メンテナンス・税込など、すべてコミコミ)

紙の種類 見本張 価格帯
新鳥の子 ごりん ルノン 2,900円~
上新鳥の子 うらら 3,200円~
織物襖紙(糸入り) 唐松 のぞみ 4,500円~
上級織物襖紙 漣(れん)
朱雀
7,500円~

※襖の種類によって価格は変わります。


襖替えのスケジュール

スケジュール

※引き取りから納品まで最短3日対応



襖に関するお問い合わせ

襖の手入れ

日々の手入れを丁寧に行うと、襖はキレイに長く使うことができます。


普段の掃除


湿度に注意