中村製畳(株)

畳

畳とは?

畳のリニューアルには、今の畳の状態に合わせて3種類の方法があります。
お客様の畳の状態に合わせた最適な施工をご提案させていただきます。


新畳(目安:10年以上)

畳を歩いたときにボコボコした足ざわりが出始めたら、そろそろ新畳への替え時。台座、畳表、縁(ヘリ)のすべてをリニューアル。お部屋のサイズを計り直して最適な寸法で畳を作り直します。お好きな台をお選びいただけます。


表替え(目安:5~10年)

畳の表面のササクレが目立ってきたら表替えのサイン。畳表をリニュールして、新しい縁(ヘリ)で縫い直します。台はそのまま利用しますが、見た目が一新されるので部屋の印象も変わります。


表裏返し(目安:4年未満)

見た目はキレイだけど、タンスやベッドの跡が部分的に気になるなら裏返しがおすすめ。まだまだ新しい畳なら畳表を裏返して縫い直すことでリニューアルすることができます。台と畳表をそのまま利用するのでリーズナブル。

畳の構造


畳替えのスケジュール

スケジュール

※引き取りから納品まで最短当日対応



畳に関するお問い合わせ

畳の種類

ひと言で畳と言っても、昔ながらのイ草でできた天然の畳から
紙などの新素材でできた現代的な畳まで用途に合わせて、いろいろ選べます。


天然のイ草を使った昔ながらの国産畳

国内最大のイ草生産地、熊本県八代市の畳屋道場加盟農家より仕入れた「極上の香」と「やさしい肌触り」を感じられる国産の畳表です。イ草の長さと、折り込む糸によって様々なグレードを選べます。

詳しい種類と価格はこちら>>

国産畳

お部屋の印象も変わる和紙・樹脂畳

約30種類の中から、あなたのお部屋にあったカラーを選べます。ヘリの色と合わせてコーディネートはおススメ。色変わりしないので選んだ色がずっと楽しめます。

詳しい種類と価格はこちら>>

和紙畳

デザイン性にも優れたへりなし畳

ヘリを使わず、畳表をそのまま曲げて仕上げた畳です。すっきりしたイメージになります。縦横を逆(市松)に敷き詰める事で、オシャレなお部屋が出来ます。

詳しい種類と価格はこちら>>

#herinashi

畳の手入れ

日々の手入れを丁寧に行うと、畳はキレイに長く使うことができます。
手入れしていくことで独特のツヤが生まれ黄金色に輝きだします。


畳にカビが生えた

イ草の特性である吸湿作用は新畳(1年~2年)の時期に最も強力に発生します。また、梅雨時期や、締め切ったままで、部屋の湿度が以上に高い状態が何日も続いた場合や、空気が動かなかった場合にもおこります。特に北陸の気候では、8、9、10月以外は雨が降っていなくても湿度の高い日が多いことも原因の1つと考えられます。

対策とお願い

新畳はカビが生えやすいので風通しを良くし、汚れていなくてもまめに掃除機で掃除してください。つやが出てイ草も美しくなります。カビが生えてしまったら、まず除湿をしてください。除湿器が最適と思われますが、クーラーや扇風機も効果があります。カビがサラサラになったら、掃除機で掃除してください。予防としてアルコール(エタノール)や薄めたお酢で拭くと効果があります。 ※カビが気になる方にはカビの生えにくい美草(新素材)や和紙の畳表もあります。



虫がでた!!

畳のカビをエサにして虫が集まってくることがあります。

対策とお願い

カビを生えないようにするのが一番の対策です。虫は湿気を好むので換気を行い空気の入れ替えを定期的に行ってください。



畳がムラムラに見える!!

畳表は変色を防ぎつやを出すために、イ草を刈り取った後、泥染加工を行います。白い粉はこのときの泥の残りです。

対策とお願い

乾拭きと掃除機で掃除をお願いします。どうしても気になる場合は、よく絞ったきれいなぞうきんで拭いてください。時間が経つにつれてつやが出て、色味は均等になっていきます。



畳の端が白く見える!!

畳表の緑色は、イ草に含まれる葉緑素の色です。

対策とお願い

茎の部分には少なく、葉先の方に多く含まれています。畳表は両サイドに根の部分がくるので、端の方から退色してきます。端の方から白くなるのも、縞模様に見えるのも、葉緑素が光にあたり破壊され、きれいなアメ色に変化する途中の様子です。1~2年ほど通常に使用しているうちに、完全に変色し目立たなくなります。